完済に近づくおまとめローン

おまとめローンは完済に近づき、返済へのモチベーションを保つベストの方法となってくれるでしょう。一つのローンで限度額いっぱいまで借りてしまい、また次のローンに申し込みをし…と複数の借り入れとなっていませんか?複数の借り入れは、毎月の返済額が大きくなるだけでなく返済回数も増えますし、それにかかる手間も気になります。返済額が大きくなるとその負担も月々の出費に影響が出てきますし、やがて返済に遅れるということにもなりかねません。
複数のローンを利用している方、カードローンやキャッシング商品をいくつか契約している方は、一つにまとめるのが負担を最も軽くする方法でしょう。ローンを一つにすることで、まず毎月の約定返済の回数を減らすことができます。1ヵ月に2度返済日が訪れる、お金を準備して入金するだけでも大きな負担となるはずです。これが3つになったら、4つになったら、毎月多くの期間を返済の事を考えて過ごさなければならなくなってしまいます。この気持ちの負担は大きなものです。
また、現在利用中のローンよりも低い金利のローンを利用することで、返済額を減らせる可能性も高まります。多くのローンでは、限度額に応じた金利設定となっています。限度額が大きいということは信用度が高いということで、なおかつ金利も低く利用できることが多くなります。ですから、少額ずつたくさんの所で高い金利で借りるよりも、一つのローンでまとまった金額を低金利で借りるほうが良いのです。
おまとめローンは、銀行や消費者金融などたくさんの金融機関で扱っています。また、おまとめローンと書かれていなくても、おまとめローンとして使えるカードローンもあります。限度額が大きなカードローンも増えていますので、安心しておまとめできるはずです。
まずは現在借り入れ中のローンをしっかりと把握するようにしましょう。カードローンでは追加借り入れをしているうちに、正確な借入残高を把握できなくなってしまっていることもあります。おまとめローンでまとめることができる現在のローンの種類は、決められていることもあります。通常はカードローンやキャッシングなどを一つにまとめることになりますが、消費者金融のおまとめローンでは貸金業法に基づくものとなります。そのため現在のローンが貸金業者からのものであること、と決められていることが多いです。銀行カードローンは、貸金業者でのおまとめローンでまとめられませんので注意が必要です。今どのようなローンを利用していて、そのローンをどこでまとめるのかという計画をしっかりと立てましょう。
とにかくおまとめローンを利用するメリットをきちんと把握することが大切です。金利が下がるだけでなく、返済方法での負担が減らせるのかどうかといったことをシミュレーションしてからおまとめローンを利用するようにしましょう。シミュレーションによっては、最終的な返済額が大きくなってしまうこともあります。なんでもいいからまとめればお得になるということではなく、自分に最適のおまとめローンを選び完済することを目標におまとめ先探しをするべきでしょう。

関連記事